顎関節症(がくかんせつしょう)とは? - 歯の豆知識

歯の豆知識

2015年4月13日
顎関節症(がくかんせつしょう)とは?

顎関節症とは顎の関節を動かした時に起きる

疼痛や間接音、開口障害の総称です。

ものを食べた時にゴリゴリという音やカクンという音が鳴ったり、人によっては耳の痛みや目眩(めまい)の症状も出る慢性疾患です。

完全な原因はわかっていませんが、頬杖や偏食、市政の悪さなど生活習慣が原因の一つだと考えられています。

歯科医院で対応する治療は

・マウスピース装着

・歯のかみ合わせを調整する

が主になりますが、場合によっては手術を行う場合もあります。

月別アーカイブ

カテゴリ