虫歯(むし歯)治療の回数 - 歯の豆知識

歯の豆知識

2015年7月 8日
虫歯(むし歯)治療の回数

虫歯の治療では、多くの患者様が

「できるだけ今日治して欲しい」

と、言われます。

そこで、なぜ歯の治療には回数が必要なのかを簡単にご説明致します。

基本的に1回で済む虫歯治療は、虫歯になってしまった部分を削り、プラスチックで詰める治療になります。

ある程度大きい虫歯になると、かぶせものを作るために

虫歯を削り、形を整えてから「型」を取る作業が必要です。

この「型」から模型をつくり、その歯にピッタリフィットするかぶせものを作るのです。

この工程は一度、技工所に送って、製作を待つ必要があるのでその日に完成する事ができません。

また、神経を取った日は出血しているため、

薬を詰めてから数日間は安静にして頂く必要があります。

その後、歯の土台をつくり、出来上がった「かぶせもの」を装着するのです。

上記は、とても簡潔に説明しましたが、

歯科治療には細かい工程があり、保険制度でも規定されているため

数回に分けて来院して頂く必要があるのです。

広島市南区の木村歯科医院では

患者様との対話を大切にしています。

月別アーカイブ

カテゴリ